著書一覧

HOME

 

 1 『反核・反原発・エコロジー ― 吉本隆明の政治思想批判 ― 』(批評社、1986年)
 2 『原子力神話の崩壊 ― ポスト・チェルノブイリの生活と思想 ― 』(批評社、1988年)
 3 『環境と生命の危機 ― 核のゴミは地球を滅ぼす ― 』(批評社、1990年)
 4 『都市論 【その文明史的考察】 』(三一書房、1997年)
 5 『人形峠ウラン鉱害裁判』(批評社、2001年)=小出裕章との共著
 6 『尾崎翠と花田清輝 ― ユーモアの精神とパロディの論理 ― 』(北斗出版、2002年)※
 7 『アメリカ新大陸の略奪と近代資本主義の誕生 ― イラク戦争批判序説 ― 』(出版=編集工房 朔、発売=星雲社、2009年)

 8 『原子力マフィア ― 原発利権に群がる人びと ― 』(出版=編集工房 朔、発売=星雲社、2011年)

 9 『原発のないふるさとを』(批評社、2012年)=小出裕章との共著=

10 『放射性廃棄物のアポリア ― フクシマ・人形峠・核廃棄物 ― 』(農文協、2012年)

11 『原発と御用学者 ― 湯川秀樹から吉本隆明まで― 』(三一書房、2012年)

12 『知の虚人・吉本隆明 ― 戦後思想の総決算 ―』(出版=編集工房 朔、発売=星雲社、2013年)

13 『大飯原発再稼働と脱原発列島』(批評社、2013年)=中嶌哲演との共編=

14 『フクシマ・沖縄・四日市 ― 差別と棄民の構造 ― 』(出版=編集工房 朔、発売=星雲社、2013年)

15 『終わりなき戦争国家アメリカ ― インディアン戦争から「対テロ」戦争へ ― 』(出版=編集工房 朔、発売=星雲社、2015年)

16 『中沢新一と吉本隆明 ― 亡きグルのためのパヴァーヌ ― 』(出版=綜合印刷出版、発売=星雲社、2016年)

17 『民主主義の歴史的考察 ― 古代ギリシアから現代アメリカまで ― 』(出版=綜合印刷出版、発売=星雲社、2016年)

18 『脱原発と脱基地のポレミーク―市民運動の思想と行動―』(出版=綜合印刷、発売=星雲社、2017年)

19 『住民投票とデモクラシー』(出版=綜合印刷、発売=星雲社、2021年)

 

 


◇以下のアドレスをクリックすればネット購入が出来ます。

 ・丸善&ジュンク堂書店  http://www.junkudo.co.jp/view2.jsp?VIEW=author&ARGS=%93y%88%E4%81%40%8Fi%95%BD

 ・紀伊国屋書店  http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/search.cgi?skey=1&AUTHOR=%93y%88%E4%8Fi%95%BD

 ・アマゾン  http://www.amazon.co.jp/gp/aw/s?ie=UTF8&field-author=%E5%9C%9F%E4%BA%95%20%E6%B7%91%E5%B9%B3&i=stripbooks

 ・楽天ブックス  http://search.books.rakuten.co.jp/bksearch/dt/g001/bathr%C5%DA%B0%E6%BD%CA%CA%BF/

 ・ライブドア  http://books.livedoor.com/bs/?type=author&word=%E5%9C%9F%E4%BA%95%E6%B7%91%E5%B9%B3

 上記のほかのネット通販でも購入できます。

 

 

k   l

土井淑平/批評社                      土井淑平/批評社

1986年12月                          1988年4月

本体2,800円+税                       本体2,800円+税

 

m   m

土井淑平/批評社                      土井淑平/三一書房

1990年6月                           1997年4月

本体2,800円+税                       本体3,800円+税

 

m   j

土井淑平・小出裕章/批評社               土井淑平/北斗出版

2001年1月                           2002年7月

本体2,000円+税                       本体2,400円+税

 

h    m

土井淑平/編集工房 朔(星雲社 発売)         土井淑平/編集工房 朔(星雲社 発売)

2009年12月                          2011年12月

本体3,200円+税                       本体1,500円+税

 

 

f  k

小出裕章・土井淑平/批評社                土井淑平/農文協

2012年2月                            2012年3月

本体1,600円+税                         本体1,600円+税

 

g   k

土井淑平/三一書房                       土井淑平/編集工房 朔(星雲社発売)

2012年9月                             2013年1月

本体1,000円+税                         本体1,500円+税

 

o  f

中嶌哲演・土井淑平/批評社                  土井淑平/編集工房 朔(星雲社発売)

2013年2月                             2013年11月

本体1,800円+税                         本体1,700円+税

 

o k

土井淑平/編集工房 朔(星雲社発売)            土井淑平/綜合印刷出版(星雲社発売)

2015年5月                             2016年9月

本体3,200円+税                         本体1,500円+税

 

h j

土井淑平/綜合印刷出版(星雲社発売)           土井淑平/綜合印刷出版(星雲社発売)

2016年12月                            2017年7月

本体2,300円+税                         本体2,200円+税

お

土井淑平/綜合印刷出版(星雲社発売)

2021年8月

本体1000円+税

 

目次一覧

『反核・反原発・エコロジー ― 吉本隆明の政治思想批判 ― 』

    序 科学技術神話の崩壊

    第一章 西欧の反核運動

      1 ポーランドの「連帯」と「反核」

      2 オランダ病とイギリス病

      3 ブロックと核抑止論

      4 限定核戦争とヨーロッパの解放

    第二章 日本の反核運動

      1 文学者の反核声明

      2 反核運動の内実

      3 反核運動の課題

      4 核前進基地としての日本

    第三章 もうひとつの反核運動

      1 隠された被ばく

      2 反核独立太平洋の思想と運動

      3 第二の侵略と闘う先住民

      4 内なる被ばく

    第四章 反原発運動

      1 反核と反原発

      2 核の軍事利用と平和利用

      3 核廃棄物と核汚染

      4 スリーマイルとチェルノブイリ

    第五章 エコロジー 

      1 エコロジーの革命的意義

      2 科学と論理

      3 科学技術と政治

      4 オルターナティブ思想と運動

    結び 吉本隆明の政治思想批判

    あとがき

 

『原子力神話の崩壊 ― ポスト・チェルノブイリの生活と思想 ― 』

    第一部 原子力の神話と現実

      チェルノブイリ原発事故――二〇世紀の最後の遺言

    第二部 反原発とオルターナティブ

      「暗黒の思想」に「自然の灯」を

       科学と技術を民衆の手に

       新しい酒は新し皮袋に

      [断章]

       原子力船 “むつ” 騒動記

       まぼろしの大風車

       ツヴィンドから吹く風

       エントロピーと水と土

    第三部 住民運動とネットワーク

       なぜ原発に反対するか

       原発のないふるさとを

       原発は郷土を破壊する

       『鳩子の海』に原発はいらない!

       [断章]

       青谷・気高原発反対運動の報告

       中国地方の住民運動ネットワーク

       電産中国の反原発労働運動

       反原発昔ばなし(二題)  因州亭愚笑

    第四部 チェルノブイリ以後の生活と思想

       チェルノブイリの汚染食品を自主規制した生活クラブ生協

       テクノロジーと神話――梅原猛・吉本隆明への批判

       資本・国家・科学技術とエコロジー――高木仁三郎・関曠野著『科学の「世紀末」』を読む

       女性・子供・脱原発――チェルノブイリ・ショックから伊方原発出力調整実験抗議大行動まで

    あとがき

 

『環境と生命の危機 ― 核のゴミは地球を滅ぼす ― 』

    序 地球環境危機と原子力開発

       ――危機の読み方とすりかえの論理への批判

    一 人形峠から見えてきたこと

       ――原子力産業を根底から支える構造的暴力

    二 ウラン鉱山による環境汚染と労働者被曝の実態

       ――核燃料サイクルの入口 ― 人形峠で起きていること

    三 捨て場のない放射性廃棄物と核燃料サイクルの危機

       ――下北・幌延・釜石・荒戸山・その他で起きていること

    四 環境と生命への永続する戦争とジェノサイド

       ――世界のウラン採掘地と核廃棄物投棄地で起きていること

    五 原発の大事故による地球規模のジェノサイド

       ――チェルノブイリ後の世界で起きていること

    六 ジェノサイド産業としての原子力産業

       ――差別・略奪・暴力・殺人……

    あとがき

 

『都市論 [その文明史的考察] 』

    まえがき

    序 論 都市論の視座と方法

    第一章 都市の生活

      1 都市の起源

      2 都市の概念

      3 都市の類型

      4 日本の都市

    第二章 都市と市民(1)――市民の誕生

      1 古代の都市国家

      2 中世の自由都市

      3 近代の市民革命

      4 市民とプロレタリア

    第三章 都市と市民(2)――公共の世界

      1 市民的な公共性

      2 都市の城壁と都市法

      3 日本と中国の公と私

      4 劇場としての都市

    第四章 都市と農村(1)――共存と対立

      1 都市と農村の相互規定性

      2 マルクス主義の理論と実験

      3 近代資本主義の成立と影響

      4 都市と農村の相互的危機

    第五章 都市と農村(2)――文化の比較

      1 人類の永遠のテーマ

      2 日本の都会と田舎の関係

      3 大都会の心理と病理

      4 アイデンティティの危機

    第六章 都市とデザイン(1)――近代都市計画

      1 近代都市計画の起源

      2 ユートピアの構想と実験

      3 田園都市の構想と実験

      4 新しい開放的都市様式

    第七章 都市とデザイン(2)――近代建築運動

      1 近代建築運動の批判

      2 都市爆発と郊外スプロール

      3 摩天楼と垂直都市

      4 見直される高層建築

    第八章 都市と交通――(1)モータリゼーション

      1 動き出した都市

      2 自動車と近代建築

      3 自動車と都市計画

      4 自動車依存からの脱却

    第九章 都市と交通(2)――歩行者・自転車・公共交通

      1 自動車の抑制

      2 歩行者の優先

      3 自転車の復権

      4 公共交通の育成

    第十章 都市とエコロジー

      1 エコロジーと都市の思想

      2 過密過疎の病理

      3 巨大都市の病理

      4 都市の分散と地域の自立

    あとがき

    引用文献

    事項・人名・地名索引

 

『人形峠ウラン鉱害裁判 ― 核のゴミのあと始末を求めて ― 』

    はじめに

    第一章 東海村の事故から人形峠の原点へ (小出裕章)

      一 理不尽な苦しみに立ち上がった住民

      二 ついに起きた東海村臨界事故

      三 加害者に責任をとらせる道

    第二章 東郷町方面地区のウラン残土撤去裁判 (1) ウラン残土の放置発覚

      一 人形峠周辺のウラン残土放置

      二 ウラン残土放置による汚染と被曝

    第三章 東郷町方面地区のウラン残土撤去裁判 (2) ウラン残土の撤去交渉

      一 守られなかったウラン残土撤去

      二 二転三転したウラン残土撤去先

    第四章 東郷町方面地区のウラン残土撤去裁判 (3) 実力行使から裁判提訴へ

      一 ウラン残土撤去の実力行使

      二 ウラン残土の裁判提訴

    第五章 人形峠ウラン鉱山などの汚染と課題 (小出裕章)

      一 天然に存在している放射性物質

      二 人為的に高められた天然放射線

      三 人形峠ウラン鉱山

      四 問題と課題

    年表=鳥取県東郷町方面地区のウラン残土撤去運動

    あとがき

 

『尾崎翠と花田清輝 ― ユーモアの精神とパロディの論理 ― 』

    序 論 映画『第七官界彷徨――尾崎翠を探して』に寄せて

      1 よみがえったまぼろしの作家

      2 フェミニズムのネットワーキング

      3 映画という形式による卓抜な文芸批評

      4 近代日本の博物学的知識人とともに

    第一章 ミューズとケンタウロス――尾崎翠と花田清輝の出会い

      1 七という数字に憑かれた人たち

      2 チャーリーの杖と帽子への偏愛

      3 反自然主義と喜劇的精神

      4 無国籍性とローカリティ

    第二章 少女の彷徨と蘚の恋愛――尾崎翠の世界

      1 もう一人の私を探して

      2 不思議の国の町子

      3 不思議の国の風景

      4 ユーモアとパロディ

    第三章 笑う男と鳥獣の戯れ――花田清輝の世界

      1 笑いの戦略

      2 喜劇的精神とエコロジー

      3 喜劇的精神とパロディ

      4 自由と変身

    第四章 ユーモアの精神とパロディの論理――尾崎翠と花田清輝を結ぶもの

      1 笑いとユーモア

      2 パロディの論理

      3 パロディと弁証法

      4 パロディと脱構築

    参考文献

    年譜

    人名索引

    あとがき

 

『アメリカ新大陸の略奪と近代資本主義の誕生 ― イラク戦争批判序説 ― 』

    序 論――米一極主義とイラク戦争までの長い道のり

    第一章 ヨーロッパ世界をイスラム世界

      1 ムハンマドの登場とイスラム帝国の建設

      2 ヨーロッパ世界とイスラム世界の出会い

      3 ヨーロッパ世界を圧倒したイスラム文化

      4 キリスト教徒のレコンキスタと十字軍戦争

    第二章 大航海時代の幕開けとコロンブスの航海

      1 アジアとヨーロッパの大航海時代

      2 コロンブスの航海とゴールドラッシュの始まり

      3 インディオを虐殺し奴隷化したコロンブス

      4 先住民のタイノ人と食人神話の起源

    第三章 アステカ文明と インカ文明の崩壊

      1 メソアメリカ文明の歴史とアステカ文明の登場

      2 コルテスの征服によるアステカ文明の崩壊

      3 アンデス文明の歴史とインカ文明の登場

      4 ピサロの征服によるインカ文明の崩壊

    第四章 アメリカ新大陸の略奪と近代資本主義の誕生

      1 ヨーロッパ人に征服され略奪されたアメリカ新大陸

      2 ヨーロッパの奴隷貿易と政府公認の海賊たち

      3 資本の本源的蓄積と近代資本主義の誕生

      4 いわゆる低開発の発展と女性の家事労働をめぐって

    第五章 アメリカ新大陸の衝撃と西欧近代思想の出現

      1 アメリカ新大陸の征服とインディオの人権

      2 新大陸の征服戦争批判から近代国際法の誕生へ

      3 近代のユートピア思想と西欧啓蒙思想への影響

      4 社会主義・マルクス主義・アナキズム・フェミニズム

    終 章 インディアン戦争からイラク戦争へ

    あとがき

    参考引用文献

    写真・図・表・出典一覧

    人名索引

 

『原子力マフィア  原発利権に群がる人びと 』

    序                                                                 

     第一章 脱原発の政治学

       ― マンハッタンからフクシマまで ―
      1 マンハッタン計画
      2 戦争と国家の落とし子
      3 レーニンとトロツキーの遺言
      4 ナチスと大本営の亡霊  
      5 財閥の復活と国家の下支え
      6 市場経済とエネルギー
      7 テクノロジーと政治
      8 民主主義と住民投票                          
    第二章 原子力マフィア総批判
      ― 産・官・政・議・学・報・労の原発翼賛体制 ― 
     1 原子力村ならぬ原子力マフィア
     2 総本山の原子力産業と政財界の推進者たち
     3 チンならぬ原発は国家なりの政府と官庁
     4 ネダリタカリと麻薬中毒の原発立地自治体
     5 抱え込まれた御用学者とマスコミの記者たち
     6 原発に翼賛するA級戦犯の思想家や評論家
     7 サシミのツマと確信犯の文化人や芸能人
     8 労使一体で原発を推進する労働組合と政党
   第三章 A級戦犯の戦後思想家
      ― 原子力業界のPRでピエロを演じ続ける吉本隆明 ―
     1 四つん這いになっても原発にしがみつく
     2 吉本隆明と共産党をつなぐ反原発=反科学
     3 バベルの塔のごとく無限に発達する科学技術の神話
     4 市民に背を向け倫理を忘却して暴走する科学技術
     5 反原発運動をマス・ヒステリアと呼ぶ老批評家のヒステリー
     6 反原発運動をファシズムと非難する転向ファシストの詭弁
     7 チェルノブイリ事故はあと半世紀は起こらないとの託宣
     8 石油文明の上に咲いたアダ花としての原発
     9 天文学的尺度の放射性廃棄物の管理責任
     10 阪神大震災から東日本大震災へ
     11 吉本隆明とソクラテス
   第四章 市民科学者たちの仕事
     ― 高木仁三郎・久米三四郎・小出裕章・今中哲二 に寄せて―  
     1 御用学者vs市民科学者
     2 大惨劇をもたらす核燃施設 ― 高木仁三郎(1)
     3 あきらめから希望へ ― 高木仁三郎(2)
     4 核の世紀末を乗り越える ― 高木仁三郎(3)
     5 市民科学の巨人の仕事に学ぶ ― 高木仁三郎(4)
     6 反骨の学者にして老練な運動家 ― 久米三四郎(1)
     7 原子力の魔法を解く市民科学者の仕事 ― 久米三四郎(2)
     8 市民科学の衣鉢の受け継ぐ反原発の学者(1) ― 小出裕章
     9 市民科学の衣鉢の受け継ぐ反原発の学者(2) ― 今中哲二

   あとがき                           

 

『原発のないふるさとを』

   フクシマで何が起きたのか
    ― 福島第一原発事故を考える           (小出裕章)
    序 「原発のないふるさとを」
    1 チェルノブイリで起きたこと
    2 フクシマで起きたこと(1)
    3 フクシマで起きたこと(2)
    4 原子力のない世界へ

   フクシマから原発のないふるさとへ
    ― 青谷原発立地阻止運動に学ぶ         (土井淑平)
    序 福島原発事故と青谷原発計画
    1 青谷原発立地計画の浮上
    2 青谷原発立地阻止運動を始めるに当たって
    3 青谷原発立地阻止運動の経過と構造
    4 立地阻止の決め手としての土地の取得と共有化

    結び あらためて福島原発事故を考える

   原発のないふるさとの核廃棄物
    ― 人形峠のウラン残土撤去運動の報告     (土井淑平)
    序 人形峠におけるウラン残土の放置発覚
    1 人形峠周辺のウラン残土による放射能汚染
    2 人形峠周辺のラドン汚染とラドン被ばく
    3 方面地区のウラン残土撤去協定書の締結と先送り
    4 鳥取県当局による方面現地据え置きの攻撃と弾圧
    5 榎本益美さんの実力行使からウラン残土撤去訴訟へ
    6 ウラン残土のレンガ加工による決着と痛恨の鉱害輸出
    7 人形峠のウラン残土からフクシマを見ると

    資料1 方面地区のウラン残土年表(訴訟まで)
    資料2 方面地区のウラン残土年表(訴訟以後)

 

『放射性廃棄物のアポリア ― フクシマ・人形峠・チェルノブイリ ― 』

   序 章 わたしたちは誰しもフクシマの子である
    1 福島原発事故の環境復旧と人形峠のウラン残土撤去
    2 始末におえない原発の廃炉と放射性廃棄物に注目しよう
    3 原子力産業の献金で買収された議会と政党の政治家たち
    4 米国債売却による復興財源と住民投票による脱原発の提案    

   第一章 フクシマで何が起きたか

    ― 世界を震撼させた同時多発の巨大事故 ―
    1 メルトダウンからメルトスルーへ
    2 地震列島の上に立つ原発の危険性
    3 放射能の大量放出と国内国外への拡散
    4 ふるさとを追われる住民と子どもたちの被ばく
    5 大地・上水水・農産物・畜産物・水産物の汚染
    6 高濃度の放射能による深刻な海洋汚染

   第二章 あとは野となれ山となれ                 
    ― フクシマと人形峠と核廃棄物を結んで ―
    1 人形峠のウラン採掘とウラン残土の放置
    2 ラドンによる被ばくと肺ガンの多発
    3 人形峠と福島の汚染の状況を比較して
    4 福島原発事故で汚染された大地の環境復旧計画
    5 福島原発事故の廃炉と放射性廃棄物の行くえ
    6 使用済み核燃料と高レベル放射性廃棄物
    7 使用済みの中間貯蔵と高レベルの最終処分
    8 人形峠に立ち返って核のゴミ戦争を考える

   第三章 右であれ左であれわがふるさと                         
    ― 日本の原子力開発と反原発運動の歴史 ― 
    1 漁民の海戦で始まった日本の反原発運動
    2 もうひとつの戦争としての原子力の平和利用
    3 地域の論理が中央の論理を超えるとき
    4 政党や労組と一線を画する草の根の住民運動
    5 ピラミッド型階層構造とネットワーク構造
    6 ニューウェーブとオールドウェーブ
    7 チェルノブイリ後の反原発と脱原発
    8 原子力産業の巻返しと反原発運動の現在

   第四章 チェルノブイリの墓銘碑                
    ― 地球を駆け巡った核暴走の巨大事故 ― 
    1 核暴走した原子炉が大爆発して炎上
    2 決死隊による事故処理と膨大な原発難民
    3 地球を駆け巡った放射能と汚染食品
    4 女性と赤ん坊を襲った放射能の爪跡
    5 急性障害の犠牲者と緩慢なるジェノサイド

   第五章 スリーマイルの残骸                  
    ― 全米をパニックに陥れたメルトダウン事故 ―
    1 あわやチャイナ・シンドローム!
    2 一四万四〇〇〇人が全米二一州に逃げ出す
    3 メルトダウンで放出された大量の放射性物質
    4 痛めつけられた動植物と死にすぎた赤ん坊

   あとがき

 

『原発と御用学者 ― 湯川秀樹から吉本隆明まで ― 』 


  序 文 福島第一原発事故から大飯原発再稼働へ

  第1章 帝国大学の設立と総力戦下の科学動員
   ― 帝国主義科学or植民地科学
  第2章 戦時下の原爆製造計画から原子力の平和利用へ
   ― 湯川秀樹と武谷三男

  第3章 戦後の原水爆禁止運動と原子力発電所の建設
   ― 中曽根康弘と正力松太郎

  第4章 原子力発電・核燃料サイクル・核武装研究
   ― 田中角栄と佐藤栄作

  第5章 原子力発電を擁護した戦後の科学運動
   ― 民主主義科学者協会と日本科学者会議

  第6章 そっくりさんの新左翼知識人と旧左翼共産党
   ― 吉本隆明と日本共産党

  第7章 福島第一原発事故と科学者の社会的責任
   ― 科学・技術・倫理・責任

  あとがき

 

『知の虚人・吉本隆明 -戦後思想の総決算-』

 

  序 文 60年安保は遠くなりにけり
  第1章 「反原発で猿になる!」という〝辞世の句〟
   1 フクシマで殉死した最後の戦後思想家
   2 バブルの狂宴と公害の弁護論
   3 超資本主義orスーパー資本主義
   4 失われた40年とナルキッソス空間

  第2章 「自立の思想」という〝孤立の思想〟
   1 60年安保と擬制の終焉
   2 片道切符の自立の思想
   3 大衆の自立と解放の袋小路
   4 自然的自立vs市民的自由
  第3章 「大衆の原像」という〝大衆の虚像〟
   1 大衆と知識人
   2 大衆の原像と実像
   3 大衆と大衆社会の勃興  
   4 消費大衆のバブル

  第4章 「共同幻想」という〝共同催眠〟
   1 大ブロシキの共同幻想
   2 史的唯物論と上部構造崩し
   3 ネイションとナショナリズム
   4 対幻想と女性

  第5章 「言語美」と「心的現象」の〝藪の中〟
   1 ナルキッソスの言語文学論
   2 政治と文学の絡み合い
   3 心的現象のラビリントス
   4 西欧進歩史観と科学技術信仰

  結び ソクラテスにソックラデス

  あとがき

 

『大飯原発再稼働と脱原発列島』

 

  序 文 脱原発へのターニング・ポイント       中嶌哲演・土井淑平

  第一章 若狭湾への集中立地と大飯原発の再稼働
   ― 小浜原発誘致阻止運動と若狭湾原発反対運動    中嶌哲演

   1 大飯原発の建設と増設に反対した小浜市民
   2 若狭湾への集中立地の経過
   3 なぜ若狭湾が原発銀座となったのか
   4 原発立地を阻止した小浜の闘い
   5 「脱原発」へ向けた大結集を!
  [年表]小浜原発、大飯増設、中間貯蔵施設阻止運動

  第二章 能登の土地・海を守り選挙を闘いぬく
   ― 珠洲原発阻止から志賀原発廃炉の闘いへ          北野進 

   1 珠洲原発計画の概要
   2 珠洲原発と志賀原発
   3 立地反対運動の経過
   4 計画「凍結」とその後の珠洲
   5 志賀廃炉のたたかいを大飯につなげる
  [年表]珠洲、志賀原発阻止運動

  第三章 丹後に原発はいらない!
   ― 久美浜原発阻止運動の記録            永井友昭

   はじめに ~ 大きな流れ ~

   1 第1波の攻防 ~ 原発計画の表面化からスリーマイル事故まで ~
   2 第2波の攻防 ~ チェルノブイリ事故の衝撃をはさんで ~
   3 第3波の攻防 ~ もんじゅ事故の煙の中から  ~
   終わりに
   [年表]珠洲、志賀原発阻止運動

  第四章 ふるさとと子供たちの未来のために
   ― 香住原発阻止運動の記録              岡田一衛

   はじめに
   1 原発誘致のはじまり
   2 原発計画に立ち向かった人たち
   3 原発反対運動の展開
   4 関西電力の懐柔作戦と反対派住民の追撃
   [年表]香住原発阻止運動

  第五章 生存をおびやかす原子力発電所
   ― 浜坂原発阻止運動の記録              岡田一衛

   はじめに
   1 浜坂原発計画の経過
   2 立地阻止運動の展開
   3 反原発全国集会の事務局を担当
   [年表]浜坂原発阻止運動

  第六章 原発を水際で止めた先手必勝の闘い
  ― 青谷原発阻止運動の記録          横山光・土井淑平

   はじめに ~ フクシマの衝撃で誕生した脱原発新世代 ~
   1 青天のヘキレキの青谷現地
   2 青谷原発計画の浮上
   3 原発立地阻止運動の展開
   4 フクシマ以後の共有地の活用
   [年表]青谷原発阻止運動

  第七章 脱原発列島のなかでの大飯再稼働
  ― 原発ゼロでも日本の電力は足りる          土井淑平

   1 大飯原発の再稼働と関西自治体の抵抗
   2 関西自治体の腰砕けとズッコケた橋下徹
   3 大飯原発の再稼働なくても日本の電力は足りた
   4 総選挙で様変わりした原発の政治地図と活断層の問題
   5 全国80カ所で阻止・回避した原発・再処理工場・核廃棄物処分場

  あとがき                       中嶌哲演・土井淑平

 

 

 『フクシマ・沖縄・四日市 ― 差別と棄民の構造 ―』

 

  目次

  序 文 差別と棄民の構造

  第一章 フクシマ ― 放射能汚染と原発難民 ―

   一 高濃度汚染地帯の二百万人と放射能汚染水の海洋流出
   二 ふるさとから追われた十六万人の原発難民
   三 いのちを切り売りする被曝労働の犠牲者たち
   四 放射能は右から左に移せど消えず除染は移染
   五 天文学的な尺度の廃炉と放射性廃棄物のツケ

  第二章 沖縄 ― 軍事植民地と構造的差別 ―
   一 普天間・辺野古・グアム
   二 アメリカの帝国主義的膨張と太平洋制覇の落とし子
   三 史上に類例なきアメリカのスーパー帝国主義の構造
   四 アジア最後の植民地の沖縄で起きていること
   五 琉球処分・軍事植民地・構造的差別

  第三章 四日市 ― 植民地型開発と産業公害 ―
   一 日本の公害と四日市の悲劇
   二 内なる帝国主義と植民地型開発
   三 船荷信仰の反省と漁民のエコロジー
   四 無告の代弁者と市井のジャーナリスト
   五 四日市・沖縄・フクシマ

  資料 四日市公害

   一 四日市コンビナート
   二 四日市コンビナートと労働市場
   三 四日市コンビナートと地域社会
   四 四日市公害

  あとがき

 

 

 『終わりなき戦争国家アメリカ ― インディアン戦争から「対テロ」戦争へ ―』

 

  目次

  序 論 タイタニック地球号の巨大沈没劇の始まり


  第一部 三〇〇年戦争としてのインディアン戦争
   ― アメリカ帝国主義(1)その前史
   第一章 ヨーロッパ人の侵入とインディアンの蜂起
   第二章 英仏戦争と独立戦争に引き裂かれたインディアン
   第三章 アメリカ政府軍とインディアン連合軍の戦い
   第四章 インディアンの強制移住と南北戦争以後

 

  第二部 米西戦争からベトナム戦争まで
   ― アメリカ帝国主義(2)覇権確立と米ソ冷戦
   第一章 米西戦争と第一次世界大戦
   第二章 アメリカが覇権を確立した第二次世界大戦
   第三章 米ソの冷戦構造が生み落とした朝鮮戦争
   第四章 アメリカが歴史的に敗退したベトナム戦争

 

  第三部 湾岸戦争からイラク戦争まで
   ― アメリカ帝国主義(3)新世界秩序と米一極支配
   第一章 ならずもの戦略と湾岸戦争 
   第二章 アメリカ政府の関与または共犯を否定できない9・11事件
   第三章 カスピ海の石油利権と覇権確保のためのアフガン戦争
   第四章 湾岸地域の石油利権と覇権確保のためのイラク戦争

 

  第四部 アメリカの終わりなき戦争
  ― アメリカ帝国主義(4)超帝国主義の限界
   第一章 古典的帝国主義論とその余波
   第二章 門戸開放帝国主義と通貨帝国主義
   第三章 経済帝国主義と軍事帝国主義
   第四章 アメリカ超帝国主義とその限界
  アメリカ史略年表
  あとがき
  事項索引・人名索引

 

『中沢新一と吉本隆明 亡きグルのためのパヴァーヌ』

 

  はじめに
 第一部 亡きグルのためのパヴァーヌ   
       吉本隆明の後追い心中で思想的に殉死した中沢新一
  第一章 鰯の頭も信心から
   ― オウム真理教の麻原彰晃を礼賛し3・11後も原発を賛美した戦後思想家
  第二章 その内容と記述の形式
   ― チベット密教から吉本真理教につながる密教の秘伝の伝授
  第三章 その非科学的な形而上学
   ― 贈与の金メッキで金ピカに飾り立てられた消費社会の神話
  第四章 その非歴史的な史的観念論
   ― 勝てば官軍で無理が通れば道理引っ込む歴史の神話
  第五章 ナカザワダマシの新予言
   ― 笑うレーニンとマルクスの読みかえならぬ骨抜き
  第六章 「日本トンデモ本大賞」の有力候補
   ― 副島隆彦トンデモ推薦の吉本隆明トンデモ本『「反原発」異論』
 第二部 バブルに浮かれた亡きグルの語り
       中沢新一が絶賛した吉本隆明の仕事の解体構築
  第一章 引き裂かれた都市論
   ― 自己矛盾の「大衆の原像」と「アジア的」の大ブロシキ
  第二章 市民なき都市
   ― 市民と公共性を欠いた空っぽの都市論と政治思想の貧困
  第三章 映像都市のイメージ
   ― 自由と権力の対話もなく空の空なる宙返りのイメージと視線
  第四章 消費都市のバブル批評
   ― バブルの泡踊りの批評と下部構造のゼネコン都市の虚構
  第五章 巨大都市の制御不可能性
   ― 阪神大震災や東日本大震災でも止まらぬ成長信仰とハード路線
  第六章 未来都市とアフリカ的段階の珍妙な結合
   ― 「アフリカ的段階」と「南島論」の錯誤
  あとがき

 

 

民主主義の歴史的考察 - 古代ギリシアから現代アメリカまで


  はじめに
  序文 現代民主主義の欠陥とその矯正策
 第一部 民主主義の予備的考察
  第一章 小国と連邦の思想
   序 歴史における小国と連邦
   1 古代の小国論から
   2 小国論とスイス
   3 明治日本の小国論
   4 大正・昭和の小国論
 第二部 直接民主政の歴史的源流
  第二章 古代ギリシアの都市国家ポリス
   1 民衆の権力に由来するデモクラティア
   2 重装歩兵の市民団の成長とポリスの革命
   3 ソロンとクレイステネスによるアテネの革命
   4 ペルシア戦争、ペロポネソス戦争、マケドニアの覇権
  第三章 ヨーロッパの中世都市コムーネまたはコミューン
   1 西ヨーロッパの奇蹟と宣誓兄弟盟約による中世都市の成立
   2 イタリアの中世都市コムーネ
   3 アルプス以北の中世都市コミューン
   4 近代国家によるコミューンの破壊と市民革命における再生
  第四章 スイスの連邦制と直接民主政

   はじめに
   1 スイスの歴史
   2 スイスの連邦制
   3 スイスの直接民主政
   4 スイスの反響

   補論 スイスの新憲法とエコロジー
 第三部 北欧デモクラシーの足跡
  第五章 アイスランドにおけるヴァイキングの共和国
   1 ヴァイキング時代の幕開け
   2 ヨーロッパ世界を震撼させた壮大なヴァイキング遠征
   3 アイスランドに渡ったヴァイキングの輝かしい共和国
   4 コロンブスに先立つアメリカの発見
 第四部 代議制民主主義とプロレタリア民主主義の帝国
  第七章 アメリカ独立革命の功罪
   1 アメリカ独立革命とインディアン戦争
   2 アメリカ独立革命の思想的源泉
   3 共和国にして帝国という近代のケンタウロス
   4 ハンア・アレントのアメリカ革命論
  第八章 ロシア革命の悲劇
   1 マルクス主義の歴史的崩壊
     ― 東欧大革命と天安門の悲劇
   2 悲劇に終わった20世紀の実験

     ―ソ連の崩壊とロシア革命の覚書

   3 「国家の死滅」と「民主主義の死滅」というレー二ンの教説
   4 ソヴィエト(評議会)とボルシェヴィキ(共産党〕の対立と抗争
第五部 政治思想再考
  第九章 政治的なるものの復権
         ― ハンナ・アレントに寄せて
   はじめに 
   1 活動的生活
   2 公共的世界
   3 政治的自由
   4 市民的主体
  あとがき

 

 

脱原発と脱基地のポレミーク ― 市民運動の思想と行動

 

 第一章 脱原発のポレミーク(論争)
   一 3.11後の脱原発運動に寄せて
   二 脱原発の厚い壁とそれを突き破るもの
   三 「ニューウェーブ」と「オールドウェーブ」を超えて
      ― チェルノブイリ後の反原発運動の新たな地平
 第二章 脱基地のポレミーク(論争)
   一 琉球独立論の地平
      ― 松島泰勝『琉球独立論』を読む
   二 アメリカの世界軍事戦略と普天間基地の辺野古移設
   三 アメリカの世界支配と対米従属からの脱却
 第三章 放射性廃棄物のアポリア
   一 高レベル廃棄物の最終処分場
   二 世界のウラン鉱山 ― 映画『イエロー・ケーキ』の上映に当たって
   三 日本のウラン鉱山 ― 人形峠で起きたこと

 第四章 ふるさとの環境運動
   序 四日市~鹿児島~とっとり
   序 わたしの環境運動の出発点と通過点
   一 青谷原発立地阻止運動
   二 人形峠ウラン残土撤去運動
   三 農薬空中散布反対運動
 結び 原発再稼働前提の原子力防災対策への根本的批判
     付記 環境運動で出会った人びと
 初出一覧
  あとがき

 

 

住民投票とデモクラシー

 

はじめに

第一部 住民投票

 第一章 住民投票条例の制定で原発を阻止

 第二章 日本の住民投票

 第三章 住民投票の法制化に向けて

 第四章 世界の住民投票

 第五章 アメリカとドイツの参考例

 第六章 原発をめぐる国民投票

第二部 デモクラシー

 第一章 古代ギリシアの都市国家

 第二章 中世ヨーロッパの自由都市

 第三章 中世から近代のスイスの直接民主政と半直接民主政

 第四章 直接民主政から代表民主政へ

 第五章 代表民主政と市民革命

 第六章 「デモクラシーの世紀」とレファレンダム

あとがき